ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 神井
    しんい

    神井とは、神道に関する用語のひとつで、神が飲むと言われる井戸のこと。神井から汲み上げられた水は御神水などと呼ばれ、神聖な水として大切にされます。複数の神社に神井が存在し、なかでも住吉大社の神井は毎年1月1日の早朝に行なわれる「若水(わかみず)の儀」や、6月に開催される「御田植神事」(おたうえしんじ)で使われることで有名。若水の儀では宮司が第四本宮前にある神井から水を汲み上げ竹筒に入れ、第四〜一本宮、大海神社、侍者社へお供えする。このときの水は「若水」あるいは「御神水」と呼ばれ、邪気を除き、若返りのご利益があるとされる。また、御田植神事では、御田に早苗を授受する前に御神水を四方にまいて清める。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る