ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 真言
    しんごん

    真言とは、古代インドの言語であるサンスクリット語の「マントラ」を訳した言葉で、インドの古い聖典「アタルバ・ベーダ」などでは呪的な言詞、なかでも呪術を伴う物を主に指す。聖なる真実の言葉と言う意味であり、何らかの教えが込められた秘密性のある言葉がこれにあたる。真言と同様の意味を持つが、比較的長い物は陀羅尼(だらに)と呼ばれます。密教では、仏や菩薩などの言葉であるとして、どの仏や菩薩が述べているかによって如来説と菩薩金剛説、二乗説、諸天説、地居天(じごてん)説に分類している。真言のなかで良く登場する単語には、「帰命する」と言う意味の「オン」、「成就あれ」の意味の「ソワカ」などがある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る