ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 神職
    しんしょく

    神職とは、神社において神に奉仕する立場に就いている人のことである。俗称として神主(かんぬし)と呼ばれることも多い。かつては神職と言えば神社全般の事務を管轄する宮司(ぐうじ)、祭祀に関する最上位の職である神主をはじめ、禰宜(ねぎ)、祝(はふり)、巫(かんなぎ)、その他に大神主や総神主、権神主などがいた。厳密に言うと巫女は神職に含まれておらず、神社に奉仕する職の正式名称はその神社を代表する立場である宮司の他、権宮司、禰宜、権禰宜などである。ただし伊勢神宮は特殊で、祭主、大宮司、少宮司、禰宜、権禰宜、宮掌と言う職を置いている。神社の規模が小さい場合は、このうちにいくつかの神職のみが常駐する場合もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る