ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 神饌
    しんせん

    神饌とは、神道において神にお供えをする食べ物のことである。御饌(みけ)とも言う。神の食事として祭事などで献上を行なう。食べ物は参列した人々がそのお下がりをもらって食する習わしがあり、この神人共食(しんじんきょうしょく)と言う行為が日本における祭りの特徴のひとつとも言われている。神饌は、素材を調理しないで生のままで供える生饌(せいせん)と、菓子などのように人の手が加えられた物を供える熟饌(じゅくせん)などがある。代表的な素材は米、酒、餅、魚、鳥、野菜、塩、水など。この他にその地域の産物やその神社に由来のある特定の物を捧げるたり、家庭に神棚がある場合は、神饌として米や水、塩などを朝に供える習わしがある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る