ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 神体
    しんたい

    神体とは、神道において神が宿っているとされる対象物、あるいは場所のこと。「ご神体」などと呼ばれる。そうした対象物は依り代(よりしろ)と言われ、古くは山や巨石、木、川、滝など自然がこれにあたることが多かった。また、天孫降臨(てんそんこうりん)のときに瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が天照大神(あまてらすおおみかみ)から授けられたと言う日本神話に由来する「三種の神器」(さんしゅのじんぎ)をもとに、鏡・玉・剣が神体とされることもある。伊勢神宮にはこの三種の神器のひとつである八咫鏡(やたのかがみ)が祀られ、外宮にも鏡が神体として祀られていると伝わっている。神体がある場所は神域であり、注連縄を張って結界を作るなどの対応がなされている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る