ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 神徳
    しんとく

    神徳とは、神社に祭られている神の恵みや、神によって起こされる事象などのことである。噛み砕いて言うとそれぞれの神社で神へどのような加護を願うことができるのかと言うことであり、これを神から与えられることを「ご利益」と言う。その内容は神社に祀られている神によって開運、家内安全、夫婦円満、商売繁盛、出世、厄除け、交通安全、学業成就、健康、安産、縁結び、断ち物、晴天・雨乞いなど様々である。例えば、京都府の八坂神社や和歌山県の熊野本宮大社などは須佐之男命(すさのおのみこと)を祀る神社であり、厄払いの神徳があることで知られる。学問の神である菅原道真を祀る京都の北野天満宮や福岡県の太宰府天満宮などは、学業成就や合格祈願に訪れる参拝客が多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る