ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 身廊
    しんろう

    身廊とは、キリスト教の教会建築の一部分を指す名称。入口から祭壇にかけて続くスペースのことで、教会堂の中央に配される。キリスト教の教会堂、修道院、大聖堂などで、ロマネスク様式・ゴシック様式・古典建築のいずれにおいても採用されている。こうした建築物では入口から廊がいくつかあり、通常は奇数で配置され、そのうちの中央に設けられる物が身廊で、幅広く天井の高い空間となっている。また、身廊は円柱や角柱によって区切られて端のほうにある廊を側廊(そくろう)と呼び、こちらは天井が低い。廊の数によって単廊式、3廊式、5廊式などと分類され、5廊式の建物内では身廊が3つ存在する場合もある。身廊の高さで知られる建築物は、イタリアで約91m高の身廊を持つサン・ピエトロ大聖堂など。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る