ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 水神
    すいじん

    水神とは、水を司る神のことを意味する。日本には土着の精霊や自然を信仰するアミニズムのもと、古くから神道が根付いており、川や湖、池、泉、井戸の中にも神が住むと考えられてきた。弥生時代から稲作文化が発達してきたこともあり、灌漑用水や雨乞い、堰の守護、水難防止などについても崇拝されるのが水神である。こうした水の力を神の力と関連付け、水神への畏怖と親しみを込めて供物を捧げたり祈ったりしてきた歴史がある。東京都には水神社と言う神社には、水神が八幡宮社司の夢枕に立ち、「我水伯(水神)なり、我をこの地にまつらば堰の守護神となり、村民をはじめ江戸町ことごとく安泰なり」と告げたために、その場に水神が祀られたと言う言い伝えが残る。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る