ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 救い
    すくい

    救いとは、危険な状況や苦しい境遇から抜け出すことであるが、キリスト教においてはより根源的な救いを意味する。すなわち、「罪」や、その罪による「罰」から助け出されることである。この場合の罪とは神に背を向けてその言葉に逆らうことであり、それにより神の怒りを買う。また、「罪の罰」も同様に深い意味を持ち、罪を犯したことにより神の裁きを受けると言う本能的な恐れ、永遠の裁き、あるいは死のことを指す。聖書によると、人間は生まれながらにして罪深い存在であるが、その人間が「義」と認められることが「救い」である。イエス・キリストは罪人である人間のために十字架にかけられて血を流して死んだが、これによって人間は神の怒りから救われた、とされている。さらに、救いを受けるためにはキリストが救い主であると信仰することが必要であると説かれる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る