ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 節分祭
    せつぶんさい

    節分祭とは、一般的には2月3日に煎り大豆を撒いて食べる厄除けを行なう季節行事のこと。しかし節分とは本来、季節の始まりの前日を意味し、立春・立夏・立秋・立冬と1年に4回ある。日本では季節の変わり目には邪鬼が生じると言う考え方があったため、悪霊祓いの行事が行なわれてきた。古くは宮中行事のひとつであり、「延喜式」では、大内裏の各門に色を塗った土で作った牛と童子の人形を飾る儀式などが実施された。各地で立春の前日あたりに神社で節分祭、寺院では節分会(せちぶんえ)が開催されるがその内容は寺社や地域によって異なり、神奈川県の箱根神社では、化粧をした少女の巫女が水上スキーの鬼に向けて豆を撒いたり、滋賀県の日吉大社では破魔矢を射る。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る