ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 遷宮
    せんぐう

    遷宮とは、神社の本殿を造営・新築、あるいは修理するときにご神体を移すことを意味する。一般的には三重県の伊勢神宮の式年遷宮を指し、その他の神社が同様のことを実施するときには「遷座」(せんざ)と言う言葉が用いられることが多い。伊勢神宮の式年遷宮は20年に一度のペースで、東と西に並ぶ宮地(みやどころ)を改めることで、古代から続く通例にしたがって内宮・外宮の正宮をはじめ、14の別宮、宇治橋も造り替えられ、神の衣服や装飾品である御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)などすべてが新しく整えられる。約1300年前に天武天皇が考え、690年(持統天皇4年)に最初の遷宮が開催されてから続く祭りである。式年遷宮を行なう理由は書物としては記載がないが、建築技術の継承のためであるなどと推測されてきた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る