ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 千手観音
    せんじゅかんのん

    千手観音とは、仏像で表現される観音菩薩の一種である。菩薩とは、仏になることを目指して成仏を求めて修行を積む人を表わすものであり、手で形を作る「印」を結ばず、何か物を持って立つ姿が基本である。この観音菩薩が変化した姿である千手観音は、千の手を持つ姿を表現した物で、それぞれの手のひらに目があるとされている。造形としては42の手がある像が多く、合掌をしている2本を除いた40の手が各25の世界を守護していると言う考えから、千手とされる。1000の手は同時にいろいろな動きができ、1000の目はすべての物事を見通すことができる。なかには奈良県の唐招提寺にある千手観音像のように、実際に1000本の手が造られていた像もある。頭上には11の面を載せていることから、十一面千手千眼観音と言う名称も使われる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る