ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 束帯
    そくたい

    束帯とは、神職が儀礼のときに着る服装であり、平安時代以降に天皇以下の公家が着用した衣服の一種。飛鳥時代からの官服である朝服(ちょうふく)をもとに考案され、宮中での勤務に使われる正装として定着した。上衣の袍(ほう)の色は位階を表わす。つくりについても文官用の袍は窮屈になっていたため、のちに儀式のときなどに着られるようになった歴史がある。一方で、位が比較的低い武官が着る物として上衣の袍(ほう)のサイドを縫い合わせない動きやすい衣装も存在した。束帯は複雑な組み合わせになっていて、まず下着、続いてズボン状になった紅色の大口袴(はかま)と表袴をはき、上には単(ひとえ)を着て表袴の紐を結ぶ。さらに衵(あこめ)、下襲(したがさね)、裾(きょ)を付け、上に袍を着て石帯(せきたい)と言う石飾り付きの革ベルトで腰を留める。懐に檜扇(ひおうぎ)と帖紙(たとう)を入れ、右手に笏(しゃく)を持つのが主な構成である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る