ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 大社造
    たいしゃづくり

    大社造とは、神社建築の様式を表わす用語のひとつ。神道の社殿は本を伏せたような形の三角屋根を持つ切妻造(きりつまづくり)が基本であり、この切妻造を大きく2分すると大社造と神明造(しんめいづくり)と言う2つの様式がある。この2つの区分は入口の位置を見ると分かりやすい。大社造は屋根のてっぺんである棟に対して垂直な壁に入口があるのに対し、もう一方の神明造は棟に対して水平に建つ壁に入口がある。大社造は正方形に近い形に仕上げられるのが特徴。屋根上には堅魚木と千木を用いる。大社造は古代の宮殿をもとに考案された建築様式で、その代表格は出雲大社の本殿である。大社造から大阪府の住吉大社本殿などの住吉造(すみよしづくり)、奈良県の春日大社本殿に見られる春日造(かすがづくり)と言った建築様式が派生した。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る