ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 多宝塔
    たほうとう

    多宝塔は、寺院に関する建築物で、仏塔の一種。大乗仏教の経典のひとつである法華経に登場する物だ。仏教の始祖である釈迦が霊鷲山で法華経を説いているときに塔が湧き出て、なかにいた多宝如来と言う仏が釈迦を讃嘆し、共に並んで座ったとされる一節に由来する。そのため、多宝塔のなかには釈迦と多宝如来の2仏が祀られる。構造としては裳階(もこし)と呼ばれる屋根が二重になった建築様式であるのが一般的だ。下の層は四角形の角柱空間と屋根、上の層は円柱の空間と四角形の屋根。塔のてっぺんには相輪(そうりん)と呼ばれる銅や鉄製の小塔が付けられる。国宝にも指定されている有名な多宝塔には、滋賀県の石山寺や和歌山県の根来寺などがある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る