ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 他力
    たりき

    他力とは、一般的には他人や自分ではない者による助力を意味するが、本来は仏教に関する用語のひとつで、自身に備わっている能力のことを「自力(じりき)」と言うのに対して、仏や如来、菩薩などの働きを「他力」と呼ぶ。特に浄土真宗を開いた親鸞の「教行信証」には「他力というは、如来の本願力なり」と言う記述があり、「他力をたのむ」ことは浄土真宗では重要な思想とされている。この場合、如来とは阿弥陀仏のことを指しており、「他力をたのむ」とは「阿弥陀仏の本願をよりどころ」とすると言う意味を含む。また、どの宗派においても仏教は縁起を根本とする考えがあるため、自分自身のなすことはすべて、「他力」とも解釈される。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る