ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 千木
    ちぎ

    千木とは、神社建築などに使われる装飾のひとつで、本殿の屋根の上に用いられる部材のことである。千木は細長く加工した木材を2本使い、入母屋造などの屋根の両端に筋交いにして設置される。太い丸太状の木材を屋根上に数本、間隔を空けて並べる堅魚木(かつおぎ)と一緒に配置されるのが通例。かつては階級の高い人の住宅にも見られたが、今では神社の社殿に使われるのみとなっている。本来は建物の強度を高めるための物であったと考えられているが、のちに神社の格や権威を象徴する物としての色合いも強めていった。堅魚木と同様に、その神社に祀られている神の性別によって形状を変える。例外はある物の、一般的には千木の先端が地面に対して垂直に削られている「外削ぎ」なら祭神は男性、地面に水平に削られている「内削ぎ」なら女性である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る