ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 転生
    てんせい、てんしょう

    転生とは、生まれ変わることを意味する言葉。死んで他界した魂がこの世に繰り返し生まれ変わって現れることを指す輪廻転生(りんねてんせい、りんねてんしょう)と言う言葉と同様に用いられることもある。転生は仏教用語として有名だが、思想としては仏教が開かれる以前にインドのヒンドゥー教にも存在した。仏教では、前世、現在世、未来世からなる「三世」(さんぜ)の考え方があり、これによると現在世で生きている人間は前世から転生した者である。現在世で人間が死を迎えると、一時的に他界で逗留したのちに未来世へ転生する。この転生の際、因果応報によって前世での行ないが現在世に、現在世での行ないが未来世で果となって現れることもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る