ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 灯明
    とうみょう

    灯明とは、神道の神や仏教の仏に供えられる灯火のことである。仏教において灯明は自身を燃やすことで周囲を明るく照らす働きがあるので、他人のために自分の身を削って施しをする菩薩行の象徴とも言われる。また、闇を照らす智恵の光と例えられ、灯明を付けることは供養のひとつとして重視されてきた。かつては油皿に入れた油に火を付ける灯明が使われていたが、蝋燭や電球によるものも一般的。仏壇に飾るときは、向かって右に灯明用の燭台を並べ、左に花立て、中央に線香を立てる香炉を置くのが基本である。灯明は神仏に奉げる穢(けが)れのない火であるため、消すときには息を吹きかけることは避け、手や扇であおいで消すようにするのが作法。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る