ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 灯籠
    とうろう

    灯籠とは、神社や寺院などにある置物のひとつ。明かりを灯す役割があり、主に石や木でできたオブジェである。もともとは仏教において用いられた置物で、仏像に清らかな明かりを奉げ、精霊の道しるべとするために仏堂などに配置された。古くは献灯と呼ばれていた。日本へは仏教の伝来と共に中国から到来し、神社にも飛鳥時代ごろから設置され始め、神を迎える神聖な建造物として認識されていく。灯篭は各地の寺社に配されて様々な形があるが、台座(だいざ)と言う土台の上にやや細い竿(さお)と言う部分が伸び、その上に照明を内蔵する火袋(ひぶくろ)がある。上部に花のような装飾を施した請花(うけばな)と宝珠(ほうじゅ)で載せる物が基本となっている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る