ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ


  • とが

    咎とは、人から咎められるような行為のこと。過ちやしくじり、してはならないことをすることであり、罰を受けるときもある。また、人から責められるような欠点のことを指す。キリスト教においては、咎は負目を感じることであると共に、神に背を向けたこと、すなわち罪になる。咎は罪と同じような意味でありながら、「つみとがをにのう」と言う讃美歌のなかで「罪 咎を荷のう 友なるイエスに」と言う歌詞があるのをはじめ、キリスト教では罪と咎が区別される。罪は原罪であり、咎は罪過(ザイカ)と解釈され、何か悪いことを実際に起こしていないとしても、していけないことを心のうちで思っていれば罪にあたる。罪を行為としてしまった物が咎と考えられる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る