ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 鳥居
    とりい

    鳥居とは、神社を構成する重要な建造物のひとつ。神域の入り口を示す建造物である。鳥居の起源は不明だが、日本神話のなかで天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸に引き篭もった際、鳥を鳴かせて外から誘い出すために鳥の止まり木を神前に置いたことなど諸説ある。台石を土台として天に向かって立つ2本の柱。それを固定させるために垂直に交わる柱である貫(ぬき)、貫と平行な位置でその上にある島木(しまぎ)、島木の上部に付ける笠木(かさぎ)、貫と島木の間に配置される額束(がくづか)などから成る。貫は柱間に収まる物と突き抜ける物があり、こうした形状などの違いにより、明神(みょうじん)鳥居と神明(しんめい)鳥居に大別される。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る