ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ


  • ぬさ

    幣とは、神道における神への供え物を意味する。主に神職がお祓いや祈祷を行なうときに用いられる。幣帛(へいはく)とも言う。もともとは供物の総称であるが、今では食物のお供え物である「神饌」(しんせん)を除く捧げ物全般を意味することが多い。また、御幣(ごへい)を指すこともある。御幣とは細長い木や竹の串に特殊な形に裁った紙垂(しで)を取り付けた物で、神への捧げ物であると同時に、神を招くための依り代や、祓いに必要な道具としての面も持つ。紙垂の素材には、昔は紙や布が貴重品であったことから紙や木綿、麻と言った布帛も使われていた。こうした布帛と一緒に、金銭を組み合わせた金帛(きんぱく)として供えられる場合もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る