ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 念仏
    ねんぶつ

    念仏とは、仏教における修行のひとつ。宗派によって様々な念仏があり、それぞれ意味が込められた文字列を口に出して詠み上げる行為である。念仏には種類があり、仏の功徳や身体の特徴を思い浮かべる観想念仏(かんそうねんぶつ)、仏の真実の意味を観ずる法身念仏(ほっしんねんぶつ)、仏の名を口にして称える称名念仏(しょうみょうねんぶつ)などがある。日本では古くは観想念仏が主流だったが、10世紀頃から称名念仏が盛んになるなど時代や社会背景によって好まれる念仏が変化してきた。現代では有名な念仏とされる南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)は、浄土宗の宗祖であり鎌倉時代の僧である法然(ほうねん)が膨大な経典のなかから見出した念仏で、これを一心に唱えるだけで救われる取るとする専修(せんじゅ)念仏である。南無阿弥陀仏は「阿弥陀仏に帰依して信仰します」と言う意味を持つ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る