ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 白衣
    はくえ、びゃくえ、しらぎぬ

    白衣とは、神道において神職の補助の役割にある巫女(みこ)が着る白い衣服のこと。装束の上半身に身に付け、「はくえ」、「びゃくえ」、「しらぎぬ」などと呼ぶ。この白衣に赤い緋袴を着るシンプルな衣服が、現代の巫女装束の基本。神社によっては、装飾用の掛襟(かけえり)や伊達襟(だてえり)を白衣と襦袢の間に挟み込み、首元に赤い襟をあしらうこともある。白衣の着方は、まず下着として腰巻(こしまき)を付け、上半身に肌襦袢(はだじゅばん)を着てから白衣を重ねる。下半身には表面に緋袴を装着するが、白衣自体も丈は足首あたりまであるのが一般的だ。和服と違って袖の内側が閉じられていないのも白衣の特徴。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る