ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 八幡造
    はちまんづくり

    八幡造とは、神社の建築様式のひとつである。伊勢神宮の正殿の造りとして知られる神明造(しんめいづくり)から発展した建築様式で、屋根は本を伏せたような形をした切妻造り。出入り口は屋根の棟と平行する壁に設けられる平入(ひらいり)で、そうした建物を2棟並べて連結させてひとつの社殿にする。2つの建物は前殿(まえどの)と後殿(うしろどの)と称され、前殿は外殿や礼殿、細殿、出殿などとも言い、椅子が置かれるのが一般的。後殿は内殿とも呼ばれ、帳台がある。いずれも神座であり、昼には前殿にいる神が、夜には奥殿へ移動すると考えられている。代表的な八幡造の神社としては、大分県の宇佐神宮、京都府の石清水八幡宮など。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る