ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 初宮参り
    はつみやまいり

    初宮参り(はつみやまいり)とは、神道に関する儀式のひとつ。赤ちゃんの誕生を神に報告し、感謝し、健やかな成長を祈願する目的がある。初宮詣(はつみやもうで)や単に宮参りとも言う。一般的には生まれてから1カ月が経ったときに行なう。男子は生後32日目、女子は33日目にお参りする。あるいは100日目が良いとされるなど、参拝に適するとされる日は各地方の慣習に合わせるのが良い。その土地の守り神である産土神に参詣するのが基本。お宮参りのときには赤ちゃんに祝い着を着せ、赤ちゃんの父親の母が抱くのが習わしであるため、赤ちゃんにその父母、祖母が付き添って行なわれることが多い。正式な祝い着としては男の子は黒地の紋付き、女の子は友禅の晴れ着が用いられる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る