ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 秘跡
    ひせき

    秘跡とは、キリスト教のカトリック教会で用いられる言葉。サクラメント(sacrament)とも呼ぶ。イエス・キリストによって定められ、見えないはずの神の恵みを実際に目に見える「しるし」として、教会を通して信者に与えられる物である。同様の物はカトリック教会ではない他の教派にも存在するが、プロテスタントでは礼典(れいてん)や聖礼典(せいれいてん)、正教会では機密(きみつ)、聖公会では聖奠(せいてん)などと呼称が違い、意味も厳密には異なる。カトリック教会の秘跡は7つがあり、受洗者の罪が許されて神の子として生まれ変わる「洗礼」、 パンとぶどう酒がキリストの体と血になると言う信仰のもとでそれを分かち合う「聖体」の他、「堅信」、「ゆるし」、「病者の塗油」、「結婚」、「叙階」がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る