ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 緋袴
    ひばかま

    緋袴とは、神道において神職の補助をする役割にある巫女(みこ)が着用する装束の一部である。茜色のなかでも最も明るい緋色(ひいろ)や鮮やかな紅色など、赤系統の色をした袴のこと。これを白衣(びゃくえ)に合わせたシンプルな組み合わせが、巫女装束の基本となっている。古くは平安時代に宮廷で女性がボトムスとして着用した衣装であった。股に区切りがあって、それぞれの穴に脚を通すズボン式の構造であり、裾は足先まで覆う程、丈があるのが一般的。腰紐で上部を締める。色合いは、若い女性が着る物は濃い紫色である濃色(こきいろ)を使うなど、着用する人の年齢などによって変えることがあったが、巫女の世界においてその名残は残っている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る