ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 神?
    ひもろぎ

    神籬とは、神道における依り代の一種である。依り代とは、神霊が寄り着く物のこと。なかでも神籬は神が宿るとされる山や森、木などを中心として、その周りを青竹などで囲み、注連縄(しめなわ)を張って神座とした物である。神籬の中央には、榊(さかき)や紙垂を取り付けた串を置くのが一般的。常緑樹を使うのが習わしなので榊の他に松などを選ぶときもある。ひもろぎの「ひ」は霊、「もろぎ」は垣根を意味する籬(まがき)のこと。社殿を常設する神社が造られる以前の時代には、神籬を設置することで神がどこにでも現れるとされていた。現代では、地鎮祭で設けられる物が神籬の形式に近い。また、年始に飾る門松も神籬の一種と考えられている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る