ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 本山
    ほんざん

    本山とは、仏教のある宗派のなかで中心的な役割を果たす寺院のことを意味する。その宗派に属する末寺(まつじ)を統括する立場にある。本山とされている寺院が山地に建っているかいないかにかかわらず、本山と呼ばれることが多い。宗派によっては総本山や大本山、別格本山、本山などとされるか、そうした名称を用いない場合もある。本山と末寺に区切ることによって統制する本末制度は、江戸時代に幕府が寺院の統制支配のために制度化した物。代表的な例としては、天台宗の本山である滋賀県の延暦寺、華厳(けごん)宗の本山である奈良県の東大寺など。18宗派がある真言宗などひとつの宗が複数の派に分かれている場合には、各派に本山がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る