ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 本尊
    ほんぞん

    本尊とは、仏教の寺院において信仰の対象として何よりも大切に扱われ、安置されている物のことを意味する。具体的には仏や菩薩などをモチーフにした彫刻・絵画と言った仏像、曼荼羅(まんだら)、名号、経典、仏塔などが多い。家庭において仏壇で最も大切にされている物を本尊と言う場合もある。仏教の宗派や寺院によって本尊は異なり、家庭の仏壇に置く場合は、菩提寺の宗派に合わせて選ぶのが通例。天台宗や浄土宗、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派では阿弥陀如来(あみだにょらい)、真言宗では大日(だいにち)如来、臨済宗や曹洞宗では釈迦(しゃか)如来、日蓮宗では曼荼羅(まんだら)を本尊とするのが一般的だ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る