ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • マリア像
    まりあぞう

    マリア像とは、キリスト教の神であるイエス・キリストの実母とされる聖母マリアをモチーフにした像のことである。また、聖母マリアの姿や人となりを意味することもある。聖母マリアに対する考え方は教派によって異なるが、特にカトリック教会でマリアを崇拝対象とする傾向があり、カトリック教会ではマリア像が飾られていることが多い。美術品としてのマリア像は数多くの物が生み出され、マリア単独の物、イエス・キリストなどと共にマリアの生涯を表現した物などがある。マリアの生涯のうちどの時期を描いているのか、どのような場所に配置されているのかなどの諸要素によって細かく分類される。なかでも、成人したキリストの遺体を抱いたマリア像はピエタと呼ばれて区別されるのが一般的。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る