ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 曼荼羅
    まんだら

    曼荼羅とは、仏教においてその世界観を表現した絵図のことである。古代インドの言語であるサンスクリット語のマンダラを音訳した物。仏の悟りの境地を仏像や文字、絵などによって象徴的に表現した絵図である。インドで誕生し、中央アジアや中国、日本などへ伝わった。密教の絵図が特に有名だが、その他の宗派でも使われる。密教の寺院では重要な法要を執り行なう際に、左右の壁に懸ける大型の曼荼羅「両界(りょうがい)曼荼羅」を使うが、これは平安時代に空海たちが遣唐使として中国から持ち帰った物が日本では最初とされている。これをきっかけに現存する日本最古の彩色曼荼羅である京都府東寺の西院曼荼羅など、両界曼荼羅が数多く作られた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る