ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 木魚
    もくぎょ

    木魚とは、仏教にまつわる道具のひとつ。経を読み上げるときに僧侶が「ポク、ポク」と打ち鳴らし、リズムを整える役割を持つ楽器である。魚は寝るときも目を閉じないことにより、「魚は眠らない」とかつて信じられていたことから、魚をモチーフにして造られてきた。これはもともとは「寝る間を惜しんで修行に励みなさい」と言う教示を込めていると同時に、魚の背を叩くことで煩悩を吐き出させる、と言う意味もある。クスノキなどの木材をもとに、大きい物では1m以上の作品として魚の姿を表現する。なかは空洞であり、表面には魚の鱗を彫刻する。使うときには座布団のような台の上に置き、バチで叩く。日本で本格的に木魚が使われ始めたのは、江戸時代初期とされている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る