ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 文殊菩薩
    もんじゅぼさつ

    文殊菩薩とは、仏教において仏とされ、仏像として表現される物のひとつ。菩薩とは悟りを開く前の仏陀の姿や、修業中でありながら周囲の人々から崇拝される僧の総称であり、如来(にょらい)・明王(みょうおう)・天部(てんぶ)と共に、仏像の4つあるモチーフのひとつ。この菩薩の一種である文殊菩薩は、大乗経典のなかで仏の最高の智恵を意味する般若波羅蜜(はんにゃはらみつ)を正しく理解している仏とされている。智恵を象徴する菩薩であり、「三人寄れば文殊の知恵」と言うことわざのもとになっている。髪をいくつかの束に結った子どもの姿で表現されることも多い。奈良県の般若寺や、広島県の浄土寺にある文殊菩薩像が国内では特に有名。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る