ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 八百万の神
    やおよろずのかみ

    八百万の神とは、日本で古くから存在する神道において、祀られている神のこと。古代から日本ではあらゆる現象や、太陽から月、風、家のなかの便所まで世の中に存在するすべての物に神が宿っていると考え、そうした無数の神々を「八百万の神」として崇める風習があった。そのため、神道には特定の教祖はなく、また八百万の神のそれぞれについて義理はなくとも、日本人は神として信仰してきた歴史がある。似た意味を持つ言葉として、八十神(やそがみ)、八十万神(やそよろずのかみ)、千万神(ちよろずのかみ)が挙げられる。八百万の神には例えば、福の神である「大黒様」のように、個々に名前が付けられている物もあり、こうした神々は国内各地の神社に祀られている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る