ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 薬石
    やくせき

    薬石とは、仏教のなかでも禅宗において使われる用語のひとつで、夕食のこと。仏教の修業中には、僧たちは正午を過ぎてからは食事を一切してはいけない決まりがあった。そのため、僧の飢えを癒して修行にさらに励むことを促す薬として夜に食事を取り、この夕食のことを薬石と言う隠語で呼ぶようになった物である。もともとは、古代に治療で使われていた石で作った針を意味する「石」と、それと一緒に使う薬を合わせた言葉。そうした薬の総称や、治療その物を意味する用語であった。また、仏教の起こったインドでは、修行する僧が腹部に温かい石をあてて寒さをしのいでいたため、石を工夫して使うことで寒さや飢えを防ぐ習わしがあったことにも由来する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る