ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 厄払い
    やくばらい

    厄払いとは、日本で古くから続く習わしのひとつ。厄とは災難やわざわいのことで、人の一生のなかで厄に遭遇する恐れが多い年齢に神社でお祓いをすることを厄払いと言う。お祓いは厄を払って吉に転ずるために行なう習わしで、その内容は祈願や神職による祓いなどで、厄落としとも呼ばれる。一般的には数え年で男性は25歳と42歳、女性は19歳と33歳の年齢を指し、特に男性の42歳と女性の33歳は大厄(たいやく)と言われ、その前後の年齢を前厄(まえやく)、後厄(あとやく)とする。男性の61歳、女性の37歳も厄年と考えることもある。厄払いは元旦から1月7日までの松の内や、節分に受けるのが良いとされるが、神社によっては1年を通して厄払いのお祓いを受け付けている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る