ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 依代
    よりしろ

    依代とは、神道に関する用語のひとつで、神霊が寄り着く物を意味する。かたしろとも呼ばれる。日本では古代からあらゆる物に神や精霊、魂が宿ると考えられていた。また、神は特定の物に常駐しているわけではなく、招き寄せることで迎え入れられるとされ、山や木、大きな岩、人形、人間などを依代として儀式を行ない、神を出迎える習わしがあった。神が常駐する場所として神社が造られているが、もともと依代として信仰されていた山や岩などがあるところに社殿を設けるケースも多い。祭で使う神輿や山車なども、神霊を降臨させる依代としての一面を持つ。人が依代になる例では巫女があり、古くは神の意を伺って人々に伝える役割も果たしていた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る