ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 六道
    りくどう

    六道とは、仏教における重要な概念で、苦しみに満ちた6つの世界のことを指し、ろくどうとも読む。悟りを開いていない人は、一生を終えると、6つの世界のいずれかの世界にまた生まれ落ち、生死のたびにそれを繰り返すと仏教では考えられている。その六道は、天道(てんどう)、人間道(にんげんどう)、修羅道(しゅらどう)、畜生道(ちくしょうどう)、餓鬼道(がきどう)、地獄道(じごくどう)からなり、並び順に苦しみが小さい。人間よりも優れた存在である天人が住むと言う、最も上の天道であっても、苦しみはほとんどないが煩悩から完全に解き放たれてはいないとされている。こうした六道は死んだのちに進む世界としてだけではなく、繰り返し巡る心の状態として解釈することもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る