ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ


  • りん

    鈴とは、仏教に関する道具のひとつで、?と言う漢字で表記することもある。木魚などと同様に、経を読むときに鳴らす梵音具の一種。毎日の勤行のときに欠かせない道具と言える。禅宗で使われ始めた物が他の宗派でも広まり、寺院や在家信者の家庭にも置かれるようになった。鋳造あるいは鍛造の鉢や壺場の形状をしていて、表面に黒や漆が塗られるのが一般的。大きさは家庭の仏壇用の物は7〜15cm程度、寺院では18cm以上の物が多い。使うときは鈴台の上に鈴布団などを敷くなどして配置し、経典などの開始や終わりなど区切りの場面で、鈴棒で横から鈴のふちに沿って叩く。「リーン」と言う澄み切った音が鳴り、この音が極楽浄土の仏の耳にも届くとされている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る