ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 輪廻
    りんね

    輪廻とは、仏教やヒンドゥー教などに関する用語のひとつ。人間が一生を終えると、また新たな生き物になって一生を始め、これを何度も繰り返すと言う考えである。人間の他、動物などにも生まれ変わることがあるとされる。仏教における輪廻は天道(てんどう)、人間道(にんげんどう)、修羅道(しゅらどう)、畜生道(ちくしょうどう)、餓鬼道(がきどう)、地獄道(じごくどう)と言う苦しみに満ちた6つの世界のいずれかに生まれて死ぬことを繰り返すこと。したがって輪廻が続くことは苦と捉えられ、修行僧はこうした輪廻から解脱することが目標になる。ヒンドゥー教においては、輪廻の教義のベースに信心と業(カルマ)があり、前世の行為によって来世の宿命が定まるとされ、ヒンドゥー教の身分制度「カースト」の位階もこれによって定められる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る