ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • ルネサンス建築
    るねさんすけんちく

    ルネサンス建築とは、ヨーロッパで生まれた建築様式のひとつ。宮殿や個人の邸宅などの他、キリスト教の教会建築の様式として採用されたケースも多い。1420年(応永27年)ごろから1770年(明和7年)ごろまで流行した建築様式である。最初はイタリアのフィレンツェで花開き、ローマやベニスなどのイタリア各地に広まり、フランスやイギリス、スペインと言った外国にも普及した。ルネサンスはイタリア語で「再生」を意味する通り、古代ローマの芸術や学問を復興しようとする文化運動であり、ルネサンス建築もそうした運動のなかで生まれた建築様式である。その特徴は、古代ローマ建築に見られる円柱やアーチ、トンネル形のヴォールト、ドームなどを用いること。外壁は大理石などで化粧されるのが一般的であった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る