ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • レント
    れんと

    レントとは、キリスト教において、復活祭より前の46日間を指す用語である。教派によっては復活祭の直前にある金曜日と土曜日を含めないので日数が異なる。受難節、四旬節(しじゅんせつ)、大斎節とも呼ぶ。復活祭の日程は3月22日〜4月25日のいずれかの日曜日であるため、レントは2月か3月に始まる。春になると太陽の出る時間が長くなるが、こうした季節のことを意味するlengtenと言う単語が、レントと言う名称の由来になっていると考えられる。日数は、イエス・キリストが荒野で40日間の断食を行なったことに習って設定された。レントは復活祭を迎えるにあたって、イエス・キリストの苦しみと死を思って悔い改めをし、準備をする期間である。信者は食事の節制や祝宴の自粛、償いの業などを伝統的に行なってきた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る