ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 蝋燭
    ろうそく

    蝋燭とは、糸などを芯にして、周りを蝋やパラフィンで形作った物のこと。照明や演出アイテムとしての役割を持つ他、キリスト教や仏教など宗教の儀式に欠かせない道具としての一面ももつ。キリスト教では蝋燭は光の象徴であり、カトリック教会のミサや正教会の奉神礼、ローマ典礼などでは、祭壇の上に必ず灯さなければいけない。埋葬式など死者のための祈祷や復活祭では、参加者が手に灯りを点けた蝋燭を持つ。仏教においては、盆や彼岸参り、寺院参拝などに線香や蝋燭を使うのが一般的。家庭の仏壇でも用い、仏壇の最も基本的な仏具を意味する三具足(さんぐそく)にも、香炉や花立てと共に、蝋燭を建てる燭台が含まれる。結婚式には金色の蝋燭を選ぶなど、仏教においては蝋燭の色は場面によって使い分ける。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る