ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • ロマネスク建築
    ろまねすくけんちく

    ロマネスク建築とは、中世の西ヨーロッパで流行した建築様式である。日本ではキリスト教会と言うとチャペルに多いゴシック建築の教会がイメージされやすいが、そのゴシック建築の前の時代に隆盛した。10世紀末にフランスや北イタリアで生まれ、そののちにヨーロッパ各地へ広まった。ロマネスクと言う語は「ローマ風の」と言う意味を持つ。11世紀には修道院活動が活発になったが、当初は簡素な造りであった。こののち、ローマ帝国の権力が解体されたことにより、各地の修道院が様々な様式を取り入れて独自に発展していった建築様式がロマネスク建築である。そのため、多種多様な地方様式の集合体と言える。一般的には、ヴォールト天井や厚い壁、半円アーチなどが特徴とされる。天井が高いホール建築「バリシカ」も多用されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る