ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

神社に祀られている神様 第一回 国産みの神 イザナギとイザナミ

文字サイズ

日本では「八百万の神(やおよろずのかみ)」という言葉がある程、たくさんの神々が日本全国の神社に祀られています。今回は、そんな神々の産みの親である「イザナギ」と「イザナミ」に関する神話をご紹介しましょう。

日本を作った神様

日本を作った神様

古事記では「伊邪那岐命」、また日本書紀では「伊弉諾神」と表記される通称「イザナギ」とは、日本神話に登場する男性の神様のことです。

日本を作った神様

名前の由来は諸説ありますが「古事記」を註釈し、本居宣長によってまとめられた「古事記伝」によると、「いざな」は「誘う(いざなう)」から成り、「ぎ」は男性を表す語と解説されています。

一方「イザナミ」とは、「伊邪那美神」または「伊弉冉」などと表記される女性の神様。同じく「誘う(いざなう)」に助詞である「な」と女性を表す語「み」で成り立っているという説があります。

このイザナギとイザナミは兄妹であり夫婦でもあり、他の神々から世界を作るよう命ぜられて地上に降りてきました。

日本神話による「国産み」

日本神話による「国産み」

その昔、「高天原(たかまがはら)」と呼ばれる天上の世界に多くの神々が住んでいました。イザナギとイザナミは高天原の神々から「アメノヌボコ」という矛を授かり、共に世界を作ることとなります。

2人は地上と高天原の架け橋である天の浮橋に立ち、大海原にアメノヌボコを突き立てました。アメノヌボコを引き上げたときに矛から滴り落ちた雫が島となり、これが最初に造られた島「オノゴロジマ」です。

イザナギとイザナミは、オノゴロジマに降り立ち、太い柱を立てて宮殿を造りました。

そして、イザナギは左回りに、イザナミは右回りにその柱を周り、お互いの魅力を褒め合うという結婚の儀式をとり行ないます。夫婦となり「蛭子」と「淡島」という2人の子を授かりますが、どうも丈夫な子どもができません。

大八島国の誕生

そこで、イザナギとイザナミは一旦高天原に戻り、神々にこのことを相談しました。すると神々から、結婚の儀式の際に女性であるイザナミが最初に声をかけたのが良くなかったのであろうと助言されたため、2人はオノゴロジマで儀式をやり直します。

大八島国の誕生

結婚式が正しく仕切り直されてからは、淡道之穂之狭別島(淡路島)、伊予之二名島(四国)、隠岐の三つ子島(隠岐島)、筑紫の島(九州)、壱岐島、対馬、佐渡島、大倭豊秋津島(本州)を次々に産み出し、この8つの島を「大八島国(おおやしまのくに)」と言います。
そして夫婦はさらに、吉備児島(児島半島)、小豆島、大島(周坊大島)、姫島、知訶島(五島列島)、両児島(男女群島)の6つの島を造りました。

日本神話による「神産み」

日本神話による「神産み」

こうして国の基礎ができあがると、次は神々を産み始めました。石、土、海、風、山などの森羅万象の神を産む中で、火の神であるカグツチを産んだ際にイザナミは火傷を負って命を落としてしまいます。これに怒ったイザナギは、剣でカグツチの首をはねてしまいました。そのときに流れた血からも、石折神や根折神など様々な神が産まれたと言われています。

その後、妻を失い悲しみにくれたイザナギは、妻に会いたい一心で黄泉の国へ行きました。真っ暗な洞窟を降りていくと、黄泉の国の扉の前に着きました。イザナギはイザナミに向かって「帰って来て欲しい」と声をかけると、扉の向こうから「黄泉の国の神に頼んでみますので、決して中を覗かずに待っていて下さい」と言うイザナミの返事。イザナギはしばらくの間待ち続けましたが、なかなかイザナミは出てきません。しびれを切らしたイザナギは約束を破り扉を開き、髪にさしていた櫛の歯を一本折って火を灯してしまいます。

するとそこには、醜い姿に変わり果てたイザナミがいたのです。その恐ろしい容貌を見てイザナギは思わず逃げ出してしまいますが、姿を見られたことに怒ったイザナミは黄泉の国の醜女や雷神たちと共にイザナギを追いかけます。

日本神話による「神産み」

イザナギは無我夢中で地上へと続く洞窟を駆け上がり、ようやく黄泉の国との境目「黄泉比良坂(よもつひらさか)」に辿り着きます。そこには桃の木が生えており、それを目にしたイザナギは追ってきた黄泉の国の住人たちに桃を投げつけました。すると桃が持つ魔除けの効果によって皆散り散りに逃げていったので、イザナギはその隙に黄泉の国へと続く洞窟の入り口を大きな岩で塞いだのです。

人間の生と死の始まり

人間の生と死の始まり

すると岩の向こうから、「あなたの国の人を毎日千人ずつ殺すこととしましょう」と言うイザナミの声が聞こえました。これに対し、イザナギは「では私はこの国に毎日千五百人の人が産まれるようにしよう」と答えたのです。これが、人間の生と死の始まりです。

地上に戻ったイザナギは、穢れた身体を清めるために水の中で禊(みそぎ)をしました。そのとき、左目を洗うと天照大御神(アマテラスオオミカミ)が、右目を洗うと月読尊(ツクヨミノミコト)が、そして鼻を洗うと素盞鳴尊(スサノオノミコト)が次々に産まれたのです。こうして誕生した子どもたちは「三貴子」とされ、イザナギの跡を継いで国を治める神々となりました。

祀られている神社

イザナギやイザナミを祀っている神社は全国に多数ありますが、主な神社は以下の通りです。

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)

兵庫県淡路市にある神社。古事記・日本書記には、国産み・神産みを終えたイザナギが、最初に産んだ淡路島多賀の地に「幽宮(かくりのみや、終焉の御住居)」を構えて余生を過ごされたと記されています。

施設の詳細を見る

自凝島神社(おのころじまじんじゃ)

自凝島神社(おのころじまじんじゃ)

兵庫県南あわじ市にある神社。「おのころ島神社」とも表記されます。高さ21.7mの朱塗りの大鳥居があり、この鳥居は平安神宮と厳島神社と並ぶ「日本三大鳥居」のひとつです。

施設の詳細を見る

多賀大社(たがたいしゃ)

多賀大社(たがたいしゃ)

滋賀県犬上郡にある神社。「お多賀さん」の名で親しまれ、延命長寿・縁結び・厄除けの神様として信仰を集め、滋賀県で有名なパワースポットとされている神社。

施設の詳細を見る

江田神社(えだじんじゃ)

江田神社(えだじんじゃ)

宮城県宮城市にある神社。亡くなったイザナミを追って黄泉の国へ行ったイザナギが、黄泉の国の穢れを祓うために禊を行なったことから「禊の発祥の地」とも言われています。

施設の詳細を見る
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ