ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

神社に祀られている神様「第三回・ツクヨミ(月の神)」

文字サイズ

こちらでは、日本神話の中でも特に重要な役割を担っている「三貴子(みはしらのうずのみこ)」のひとりである「ツクヨミ」についてご紹介しましょう。

夜の国を治めるツクヨミ

夜の国を治めるツクヨミ

「ツクヨミ」とは、古事記では「月読命(つくよみのみこと)」、日本書紀では「月神(つきのかみ)」、「月弓尊(つくゆみのみこと)」、「月夜見尊・月読尊(つくよみのみこと)」とも表記される、日本神話に登場する神様のこと。

太陽の神様である「アマテラス」と対照的に扱われることが多く、その字からも想像できる通り「夜の国」を治めている神様として知られています。

ツクヨミの誕生

ツクヨミの誕生

古事記においては、ツクヨミの誕生についてこう記されています。
火の神「カグツチ」を出産した際に亡くなった妻・イザナミのことが忘れられず、妻に会いたい一心で黄泉の国へと行ったイザナギ。しかし、そこで目にしたのはとても醜い姿となった妻であり、イザナギは恐れをなし必死で逃げ出しました。

追手から逃げなんとか現世に戻っては来られたものの、黄泉の国で死の穢れを受けてしまったイザナギは、「筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原(つくしのひむかのたちばなのおどのあわきはら)」にて身を清める「禊祓い(みそぎばらい)」をします。

その折に、左の目を洗ったときに生まれたのが「アマテラス」、右の目を洗ったときに生まれたのが「ツクヨミ」、鼻を洗ったときに生まれたのが「スサノオ」でした。合わせて「三貴子(みはしらのうずのみこ)」と呼ばれる、この3柱の神は姉弟関係にあるとされており、つまり生まれた順番からツクヨミはアマテラスの弟、スサノオの兄にあたるとされています。

そして、三貴子を生んだ父であるイザナギは、アマテラスには高天原、スサノオには海原を、そしてツクヨミには夜の国を治めるよう命じました。

農耕の神様として

農耕の神様として

このような神話から、夜の国を支配する神様とされているツクヨミですが、実は農業・農耕の神様としての一面も。これは日本書紀に記された、あるエピソードがもとになっています。

ある日ツクヨミは、アマテラスから保食神(うけもちのかみ)に会いに行くよう命ぜられます。ツクヨミが保食神のもとへと降りると、保食神は尊に捧げるために口からたくさんの海山の食物を出して奉りました。

それを見たツクヨミは、「口から出した食物を神に贈るとはなんと汚らわしいことか」と怒り、剣を抜いて保食神を殺してしまいます。このとき殺された保食神の身体からは牛や馬、蚕、稲をはじめとする五穀が生まれ、天にもたらされました。このことから、ツクヨミは農耕の神様として祀られるようになったのです。

1日に昼と夜がある理由

1日に昼と夜がある理由

しかし、物語にはこのような続きがあります。
高天原へと戻ったツクヨミは、保食神を殺めたということをアマテラスに報告。それを聞いたアマテラスは激怒し、「あなたはなんということをしたのでしょう。あなたのような悪神とは二度と会いたくありません。」と言い、以来2柱の神は一日一夜を隔てて住むようになりました。これをきっかけに月と日は顔を合わせなくなり、交替で天に現れるようになったのです。

ちなみに「月読」という神名は月を数えることに由来していると言われています。かつて月は農業において非常に大切な指標であり、農作業を進める上で欠かせない役割を担っていました。このような理由からも、ツクヨミが農業に深く関係していると言われているのです。

スサノオと同一神説

スサノオと同一神説

姉であるアマテラスや弟のスサノオと比べ、ツクヨミのことについて触れられている物語はあまり多くありません。そのため、三貴子の中でも一番謎が多く、様々な推測がされています。これは、アマテラスとスサノオという非常に強い個性を持つ神の間に静かな神を挟むことでバランスを取っているのではないかという説や、またある視点によると、弟であるスサノオとツクヨミの支配領域が近いという理由で「ツクヨミとスサノオは同一神なのではないか」という説もあります。

古事記によると、あるときスサノオが口と尻から食物を出す「大気津比売神(オオゲツヒメノカミ)」を斬り殺したという物語が書かれています。これは上記にあるツクヨミが保食神を殺めたというエピソードに似ているため、2人の神格の共通性が指摘されているのも「同一神説」の理由のひとつとして挙げられているのです。

祀られている神社

2人の姉弟に比べると若干影が薄いとは言え、三貴子のひとりであるツクヨミを祀る神社は全国に多数あります。ご利益は海上安全、農業、五穀豊穣、諸願成就など。
こちらでは、ツクヨミを主祭神とする全国の主な神社をご紹介します。

月夜見神社(つきよみじんじゃ)

月夜見神社(つきよみじんじゃ)

住所:青森県西津軽郡深浦町

施設の詳細を見る

出羽三山神社(でわさんざんじんじゃ)

出羽三山神社(でわさんざんじんじゃ)

住所:山形県鶴岡市

施設の詳細を見る

賀蘇山神社(がそやまじんじゃ)

賀蘇山神社(がそやまじんじゃ)

住所:栃木県鹿沼市

施設の詳細を見る

伊勢皇太神宮別宮月読宮・同月読荒魂宮(つきよみあらみたまのみや)

伊勢皇太神宮別宮月読宮・同月読荒魂宮(つきよみあらみたまのみや)

住所:三重県伊勢市

施設の詳細を見る

月読神社(つきよみじんじゃ)

月読神社(つきよみじんじゃ)

住所:京都府西京区室山添町、長崎県葦辺町、鹿児島県桜島町、鹿児島県串良町

施設の詳細を見る

西寒田神社(ささむたじんじゃ)

西寒田神社(ささむたじんじゃ)

住所:大分県大分市寒田

施設の詳細を見る
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ