ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

神社に祀られている神様「第四回・ヤマタノオロチを退治スサノオ」

文字サイズ

数多くの神々の中でも特に有名な「スサノオ」。こちらでは、ヤマタノオロチ退治の神話に登場することでも知られるスサノオについてご紹介しましょう。

様々な顔を持つ神 スサノオ

様々な顔を持つ神 スサノオ

「スサノオ」とは、日本書紀では「素戔男尊・素戔嗚尊(スサノオノミコト)」、古事記では「建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト・タテハヤスサノオノミコト)」とそれぞれ記される、日本神話に登場する神様です。

「スサノオ」という名前を耳にすると、ヤマタノオロチを倒した伝説を思い浮かべる人が多いかと思いますが、その他にもスサノオは実にたくさんのエピソードを持つ神様。その人格の多面性から、まるで人間のような感性を持ち合わせている神様とも言われています。

三貴子(みはしらのうずのみこ)の末っ子

三貴子(みはしらのうずのみこ)の末っ子

スサノオは、日本を作った神様「イザナギ」の子として生まれました。古事記と日本書紀での違いはありますが、一般的には黄泉の国から戻ったイザナギが川で禊祓い(みそぎばらい)をしていた際、鼻を洗ったときに誕生したのがスサノオであったと言われています。

スサノオは、同じく禊祓いの折に誕生した姉「太陽の神・アマテラス」、兄「夜の神・ツクヨミ」を持つ末っ子です。この3柱の神を合わせて「三貴子(みはしらのうずのみこ)」と呼び、イザナギはそれぞれに役割を与えました。

追放された乱暴者

追放された乱暴者

スサノオに与えられた使命は海原を治めることでしたが、これを聞いたスサノオは長いひげが胸元に垂れるまで泣き喚き、これにより青々と茂っていた山は枯れ果て、河や海も枯れてしまいました。万物が災いに見舞われた様子を見て怒ったイザナギが涙の理由を聞くと、スサノオは「私は母に会いたいので根之堅洲国(地底の国、つまり黄泉の国)に行きたいのです」と答えました。これを聞いたイザナギはさらに怒り、遂には「この国を出て行け」と追放されてしまいました。

スサノオはこれらの事情を姉であるアマテラスに話そうと、アマテラスが治める高天原に向かいます。しかし、姉に「侵略者」と疑われたため、身の潔白を示そうと誓約をすることになりました。この誓約の儀式でアマテラスに勝ち、自分にやましい心がないと証明できたスサノオでしたが、その勢い余って酷く暴れてしまいます。

元々の気性が荒い性格が災いし、高天原を散々荒らし回った挙句にひとりの織女を死なせてしまいました。これに恐れをなしたアマテラスは天岩戸に引きこもってしまい、世の中は闇に包まれてしまいます。八百万の神々の努力でアマテラスを連れ戻し、なんとか平安の世を取り戻すことはできましたが、その災いの種となったスサノオはひげと手足の爪を切られ追放されてしまいました。

クシナダヒメとの出会い

クシナダヒメとの出会い

こうして追放されたスサノオは、天上から出雲国の肥河(ひのかわ)の上流の鳥髪(とりかみ)という土地に降り立ちます。スサノオが川を上っていくと、美しい娘と年老いた神の夫婦が泣いている姿を見つけました。

「アシナヅチ(足名椎命)」と「テナヅチ(手名椎命)」と名乗る夫婦にスサノオが事情を聞いたところ、夫婦には8人の娘がいたが毎年やってくる「ヤマタノオロチ(八俣遠呂智)」に娘たちを食べられ、最後に残った末娘の「クシナダヒメ(櫛名田比売)」ももうすぐやって来るヤマタノオロチに食べられるのだと言います。

聞けば「ヤマタノオロチ」とは、8つの頭と8本の尾を持つ巨大な怪物とのこと。そこで、スサノオはクシナダヒメをお嫁さんにもらうことを条件に、ヤマタノオロチの討伐を申し出ます。アシナヅチとテナヅチがこれを快諾したため、スサノオは早速ヤマタノオロチ退治の準備をはじめました。

荒神から英雄へ

荒神から英雄へ

まずスサノオは、クシナダヒメの姿を櫛に変え、自分の髪に挿すことに。そして、アシナヅチとテナヅチには8つの門を建てることと、強い酒を用意することを指示しました。スサノオは、その酒を8つの酒桶に入れ8つの門にそれぞれ配置し、ヤマタノオロチを待ち構えたのです。

スサノオの計画通り、やって来たヤマタノオロチは用意された酒を飲み干しすっかり酔っ払って寝てしまい、その隙に十拳剣(とつかのつるぎ)でヤマタノオロチを成敗することに成功。退治したヤマタノオロチの中からは剣が出てきたため、スサノオはこの剣をアマテラスへと献上しました。これはのちに「草那芸之大刀(くさなぎのたち)と呼ばれ、受け継がれていくことになります。

荒神から英雄へ

無事ヤマタノオロチを倒しクシナダヒメを守ったスサノオは、約束通りクシナダヒメと結婚をして出雲の根之堅洲国にある須賀(すが)の地に宮処を定めました。さらに、スサノオはその地で「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を(出雲には雲が盛んに湧き上がり、幾重もの垣を築くように八雲が立ちます。自分の妻を籠らせるために私は宮殿に何重もの垣を作ったが、ちょうどその八重垣を巡らしたようです)」という、日本初の和歌とされる歌を詠みます。

一時は乱暴な神として土地から追放されたこともあったスサノオですが、出雲の国に降りてからは心を入れ替えて幸せに暮らしたと伝えられています。

祀られている神社

このようなエピソードを持つスサノオは、その荒々しい性格から災いを払いのけてくれる頼もしい神様として祀られています。

こちらでは、スサノオを主祭神とする全国の主な神社をご紹介します。

須佐神社(すさじんじゃ)

須佐神社(すさじんじゃ)

住所:島根県出雲市佐田町

施設の詳細を見る

八重垣神社(やえがきじんじゃ)

八重垣神社(やえがきじんじゃ)

住所:島根県松江市佐草町

施設の詳細を見る

これらをはじめ、「牛頭天王(ごずてんのう)」としてのスサノオを祀る祇園信仰や津島信仰、氷川信仰に基づいた神社が全国に数多く広がっています。

produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ